PORTER CLASSIC(ポータークラシック)のブランドコンセプト - メイドインジャパンにこだわる・PORTER CLASSIC(ポータークラシック)の魅力

メイドインジャパンにこだわる・PORTER CLASSIC(ポータークラシック)の魅力

PORTER CLASSIC(ポータークラシック)のブランドコンセプト

東京都台東区に本社を置くPORTER CLASSIC(ポータークラシック)のブランドコンセプトはずばり、「世界基準のスタンダード」です。
どの商品も日本製にこだわっており、全ての工程に職人が関わっています。
伝統的な鞄製品を提供するだけでなく、アンチテーゼや芸術、そして職人の技術などを盛り込んだ革新的でありつつずっと使い続けたい商品を提供しています。
自分だけでなく、子供や孫にも受け継ぐことができるような商品ばかりです。
ポータークラシックのブランドコンセプトにあるとおり、世界基準のスタンダードを追究した商品を開発・販売しつつ、事業拡大もしています。

元々、鞄業界における立役者だったポータークラシック設立者の1人、吉田克幸さん。
彼は鞄に限らず最高のものを作り出したいという思いでこのブランドを立ち上げたそうです。
その思いが滲んで見える、ポータークラシックの商品たち。
鞄だけでなく、衣服やアクセサリなどのラインも展開しています。

「日本製で、品質のたしかな衣服やアクセサリ、鞄を身につけたい」と思っている本物志向・高品質志向な方はもちろん、「自分の肌に馴染むような商品を探している」という方にもオススメなブランドです。
日本だけでなく、世界規模でスタンダードな商品を身につけたい方は一度、ポータークラシックの商品を手に取ってみることを推奨します。
1つ1つ、丁寧に作られた商品たちは手に取った瞬間、しっくりと手に馴染むことでしょう。

ちなみに、PORTER CLASSICは通信販売だけでなく実店舗も構えています。
本店は銀座にありますので、じかに商品を見てみたいという方は足を運んでみてはいかがでしょうか。