PORTER CLASSIC(ポータークラシック)の生地素材へのこだわり - メイドインジャパンにこだわる・PORTER CLASSIC(ポータークラシック)の魅力

メイドインジャパンにこだわる・PORTER CLASSIC(ポータークラシック)の魅力

PORTER CLASSIC(ポータークラシック)の生地素材へのこだわり

PORTER CLASSICは「メイドインジャパン」にこだわって作っている鞄ブランドです。
日本の職人が縫製から全ての工程に携わることで、高品質な鞄を世に出しています。
しかし、日本製で高品質というだけでなく生地素材にもこだわっていることをご存じでしょうか。
今回は、ポータークラシック製品のこだわりの1つ、生地素材についてシリーズごとに詳しくご紹介していきます。

●スーパーナイロンシリーズ
独特な風合いをしたスーパーナイロン素材を採用。
この生地素材を作るのはかなり手間と技術が必要になります。
まず、染色をおこなっていないナイロン(白生地状態のナイロン)で製品を作ってインディゴを含有する染料で染め上げます。
通常の生地と違ってナイロンなどの合繊繊維は後に染めるのがとても難しいです。
しかし手間と技術をかけて作られたスーパーナイロンは、ナイロン生地とは思えない色ムラ・パッカリングが表れます。
パッと目を向けただけではナイロン素材と気づかないくらいです。
遠目から見ると「デニム素材だな」と思ってしまうほどの風合いを持つ生地素材になります。

●デニムシリーズ
ポータークラシックでは、デニム生地素材の中でも特に上質で耐久性があると言われているライトオンデニムを使っています。
トートバッグなどには、藍の葉を熟成し発酵させることでできる天然の染料・スクモで染めたレザーコードがアクセントとしてつけられています。

●剣道着シリーズ
PORTER CLASSICの代表的なシリーズとして有名な剣道着(KENDO)シリーズ。
KENDOシリーズに使われている生地素材は日本の誇る最高・最上級素材であるスピンゴールド綿です。
糸からインディゴ染めをおこなうことで使う度に風合いを増し、肌触りが良くなっていくという魅力的なコットン素材となっています。
メイドインジャパンならではの縫製の美しさ、そして伝統が感じられるデザインが人気を博しています。